【ツーシーム】四十路から始める配信者生活【ブログ】

■四十路

よそじ。四十歳。
筆者は現在42歳なので、厳密に言えば四十路ではないが、いんだよ細けぇことは


■配信者

配信者の定義
ゲームのプレイ動画を配信するのがメジャーだが、私のパソコンは低スペックなPCなので、何かとハードルが高い。先日、ツイッチでウマ娘の育成を配信したが、レースになるとカクついてしまい観るに堪えなかった。そもそもの話、一人でいる部屋で喋りながらゲームをするだけでもハードルが高い。独り言はぶつくさ言ってるが、そんなのを聞いて面白がる視聴者がいると思えない。面白おかしく話をしながらプレイ動画を配信するゲーム実況者に、私は、なれそうもない。とりあえずゲーム配信はハイスペックPCを購入できるまで保留。違ったジャンルの情報配信を模索しよう。

とりあえず、文章を書いたり、動画を作ったり、ですかなぁ。




ネット上において本名ではなく「匿名」で活動する理由

組織に所属しない個人が本名で活動するのは、リスクが大きく、多いから、というのが理由です。

会社員なら会社に所属していますし、芸能人なら芸能事務所に所属しています。いざというときは組織が守ってくれる、はずです。しかし、個人事業主である個人の場合そうはいきません。自分の身は、自分で守らなければなりません。そのための匿名です。

考えすぎと思われるかもしれません。ただ、重要な事実として、一度名前が売れて有名になってしまったら、その名前が無名になるのは容易ではありません。一度、ネット上や書類上に名前が載ってしまうと、忘れられることはあっても、完全に情報が削除されるのは困難です。

悪さをするわけでないならいいじゃないか。そういう考えもあるでしょう。しかし、こちらが悪さをしなくても、悪さをするつもりで、悪意をもって、敵意をもって、近づいてこようとする存在が現れた場合、どうでしょうか。そういった存在に、本名や顔などの情報は、知られたくありません。ましてや、こちらが本名や顔が知られているのに、相手は顔も名前もわからない匿名という状況を作られてしまっては目も当てられません。が、誰しもが割と簡単にその状況に陥ってしまう可能性があります。これが、私たちが生活する社会の現状です。

もちろん匿名ならどんな活動をしても許されるわけではないですし、素性がバレない可能性は、高くないと思っています。まぁ、本人次第でしょうけどね。

ひとまず私は、匿名かつ顔も非公開で活動する予定です。2022年現在の年齢が四十代ということだけ、個人情報を晒しておきます。

本人特定に繋がらない情報は個人情報とは言わないんだったかな。まぁ、いいや。

「配信者」の定義

ダイエットブロガーとして生活できるように活動する予定だったが、相変わらずの飽き性で長続きしていない。ダイエット自体は「痩せるまで諦めなければ、いつか必ず痩せる」の精神で継続中しているとは言え、飽きてしまった。退屈である。

というわけで、ブログのサブタイトルを新たに「四十路から始める配信者生活」と設定し、目標を改めることにした。ダイエットブロガーから、配信者、だ。

配信者とは何か。という話になる。一般的には、動画サイトで映像コンテンツを提供する者を配信者と呼ぶイメージがあるかもしれない。が、私は「媒体を問わず何らかの情報を配信することで収益を得て生活する者」であると定義することにした。収益の種類はアフィリエイトでもアドセンスでも有料記事でも投げ銭でも何でもいい。動画に限らず、何らかの、情報を、配信し、その見返りとして収入を得て、その収入をもとに安定した生活を過ごすことができれば、その人はもう配信者と言っても差し支えが無いという話である。動画配信者ではなく、情報配信者、だ。

どんな「何かしらの情報」を配信するのかよりも、その配信された「何かしらの情報」を受け入れてくれる人、必要としてくれる人がどれくらいいるか、そしてその人たちをどれくらい集めることができるか、ということが配信者として成功できるかどうかに大きく関わってくる。

正直、人が大勢いる場所は苦手だ。だが、現実世界とネット上においては、同じ人数が集まったとしても、状況がまるで違う。現実世界で同じ場所に100人集まるのと、ネット上で100人が集まるのは別の話だ。何より、まずは100人が集まる場所を作ることに尽力しなければならない。先のことを考えすぎて何もしないのは、良いことではない。

私は、自分自身が、いわゆる「普通の生活」「現代日本における社会生活」に馴染めないはぐれ者であると認識しているので、自宅から、インターネットを利用し、PCやスマホを通じて、何らかの情報を配信することで、生活できるようになることが、夢というか、目標のようなものである。そのために、「配信者」を志すことにした。

類は友を呼ぶと言い、昨日の敵は今日の友とも言う。であれば、今日の友は明日の敵と成り得る。渡る世間は敵ばかり、かどうかは世間たるネット上にて、配信者として活動を始めなければわからない。私自身は友より仲間が必要だと認識しているが、仲間となるかもしれない相手に対し、自分自身が何者であるか、何ができるかということを知らしめる必要もあるだろう。どこの誰とも知らない、何ができるかもわからない相手を、仲間にしたいと、私は思わない。

そんなことを、Switchで「ポケモン ユナイト」をしながら考える。

一緒に遊んでるのはおそらく学生や児童が多いのだろうが、プロフィールに年齢は公開されない。一緒にプレイしていたカビゴンの中身が、四十路のオッサンだと知られたら、仲間外れにされるのだろうか。エンジョイ勢なので、気軽に遊んでもらえると有難い。あるいは、四十路のプレイヤーとフレンドになって、チームを作る必要があるのだろうか。まぁ、それも先の話か。

てなことを、仕事が休みの日の早朝から、文章というジャンルの情報を、個人ブログという媒体から、ネットを通じて、日本語を用いて、世間に配信するのでした。